世の中にたくさんある酒買取り業者ですが、業者ごとに得意なジャンルがあり特定のお酒の買取りを強化・または買取りを拒否される事があります。
何も知らずに査定をお願いすると「そのお酒は買い取れません」と言われるリスクもあるんですね。

もし買取り強化のお酒であれば他店よりも高い査定額が付く事もありますし、買取に消極的なジャンルのお酒だと安く買い取られる事もあるんです。
まずは『買取店がどのようなお酒を引き取ってくれるのか』をチェックしましょう。

  お店ごとに買取り強化商品が違う

お酒の買取り店であれば、どんなお酒でも買い取ってもらえるような気がしませんか?
実はそういうわけではありません。
お店ごとに「買取り強化商品」が決まっており、ワイン買取り専門店や洋酒大歓迎、オールジャンル買取りOKなどお店ごとに個性があります。

出回っているお酒の種類もかなりありますので、お店ごとに得意分野があるのは自然な事ですよね。
お酒を高く売りたいのであれば、まずお店のHPをチェックしてどんなお酒なら高価買取してくれそうなのかを確認しましょう。

「当店はワイン専門店なのでワインの査定には自信があります」
「焼酎の買取り強化中です」
「ウイスキーなら当店にお売りください」

など、HPに分かりやすく買取り強化しているお酒の種類を書いています。
手元にワインが多いならワイン専門店に査定をお願いするとまずは無難ですね。

  お店ごとに得意ジャンルが違う理由

なぜ同じお酒の買取り業者なのに、得意ジャンルが違うのでしょうか?


まず考えられる事は担当者の数と質です。
小さなお店の場合買取り担当者が1人しかおらず、日本酒や焼酎に精通していても洋酒の知識があまりない、と言うケースもあります。

その場合はどうしても知識のある日本酒の買取りしか出来ませんし、洋酒に適正な買取り価格が付けられない場合もあります。
極端なケースかもしれませんが「マイナーなリキュール類は、正直よく分からないので買い取りたくない」と言う担当者の本音もあるでしょう。

また買い取ったお酒をどのように流通させるかも重要です。
自社で直接オークションに出品するケースもあるでしょうし、複数の飲食店に販売するお店もあります。
ニーズのあるお酒なら高い価格で販売出来る可能性も高く、特定の銘柄、人気のある銘柄は買取強化で多く仕入れたいわけですね。

「焼酎は当店でお売りください。特に森伊蔵や赤兎馬、大歓迎」とHPに書かれている場合、特定の銘柄に強いニーズがあるのです。
これら銘柄のお酒があれば優先的に査定してもらうと良いです。