お酒買取り業者を選ぶ際は、出来るだけトラブルにならないお店を選びたいですよね。
電話やLINE査定などで業者の質を見極めたり、担当者の言葉遣いや対応で質の良い買取り業者を選ぶ事が大切です。

またお店のHPがしっかりしていないと不安になりますよね。
このページでは『酒買取り業者の質を見極める方法』をまとめています。

  査定が早い

顧客を無駄に待たせるのは顧客の貴重な時間を奪う事になります。
また毎日たくさんのお酒を買い取る専門店であれば、査定にそんなに時間を掛けてもいられないはずです。

実際に電話でお酒の査定をしてもらいましたが、今はパソコンですぐに査定額が分かるようになっていますので時間はかかりません。
10本調査するのに約5分程度で完了しました。
査定が早い業者を選ぶのがまずは基本です。

  お店のホームページがしっかりしている

買取り業界は業者も多く、少しでも良いサービスが提供出来なければ顧客を呼び込めません。
今はネットを使って査定をお願いされるケースが多くなっていますので、サイトのデザインや使いやすさはとても大切ですね。

安っぽいサイトやスマホで使いにくいサイト、画像や情報の少ないサイトでは「広告費に投入出来る予算がない」と思われてしまいます。
ネットでの査定に力を入れたいならサイトはきちんと作り込んでいるはず。
いい加減なHPしか持っていない業者は要注意です。

サイトだけではなく、店員のブログやフェイスブックで買い取った商品情報やお店の紹介など、積極的に外部に情報発信しているお店は「やる気がある」と評価出来ます。
店員の人柄が良く現れるブログなどは、マメに更新されているほど親しみも湧きます。

  電話対応が丁寧

お酒の買取り業者は客商売。
顧客あっての仕事です。
そんな仕事でありながら、

顧客にラフで馴れ馴れしい言葉遣いしか出来ない。
「こんな事も知らないのですか?」と上から目線でバカにする。
不愛想で返事をしない。

など「無礼な」と思える接客しか出来ないお店は、店員の管理・教育すらまともに出来ない店舗ですからまともな査定が出来ない可能性大。

電話での対応も同じです。
過去に数回、お酒の買取り査定をお願いしましたが、どこの業者も担当者がきちんと対応してくれました。
これが普通なのかもしれませんが、もし、言葉遣いが乱暴・タメ口・挨拶も出来ないなど問題のある担当者に当たった時は、その業者を使わない方が良いかもしれません。

いい加減な対応しか出来ない業者だと、トラブルが起きた時にしっかり対応出来ないかもしれないのです。